皮膚への問題を最小限にするために、ファンデーションはブラシを扱うことがオススメです

僕は25年を過ぎた位からナーバス表皮になってきたようで、すぐに面皰ができたり、表皮が炎症を起こして赤くなったりしていました。がんらい脂性表皮なのにこのようなことになってしまい、ファンデーションのリズムも地獄なことが多くなりました。それまでのメークの振る舞いはテカりに強いと受ける根底を多めに塗り、パフを使ってパウダーファンデーションを重ねていました。それでやっていけていたのですが、肌の状態が変わってからはうまくいかないことが多くなりました。ネットで知らせを集めて試してみたのは、ブラシを使ってファンデーションをすることだ。テカりを治めるために根底もファンデーションも変えたくなかったので、塗り者だけでも変えてみようと考えたのです。結果は、ブラシに変更して大順当でした。パフで塗っていた状況よりも被覆能力は減りましたが、表皮の炎症が少々マシになったのです。しかも綺麗に毛孔が隠れて普通感じで仕上げることができてはなはだ嬉しいだ。表皮は労わって授けると、ちゃんと応えていただけるんだなと実感できたので、今はファンデーションもじわじわ減らしていこうと考えています。友人から紹介されたヴィエルホワイトが効果がスゴイです。