Kanebo(カネボウ)の媒体 コンシーラー(灯りベージュ)のフォロー技能

シミや面皰跡などを押し隠すために必要なのがコンシーラーですよね。以前はスティックタイプを使っていました。スティック品種は腕が汚れないので便利ですよね。でも今はKanebo(カネボウ)のマスメディアのコンシーラーを使っています。たぶん、おプライスが手ごろだったのと、安心のカネボウの魅力に惹かれて購入したのだと思います。コントラストは灯ベージュにしました。皮膚のコントラストが白いので断じて濃いコンシーラーだと困りますから。気になるのはどれぐらい気になる周辺をカバーしてもらえるかということですね。こういう一品は指先で塗っているのですが、完全にシミが隠れるという感じではありません。やはりシミのコントラストの濃さにも因るでしょう。ですが、それだけに自然感じに薄くなってくれるので、シミが気になる感じにはなりません。ほとんど厚塗りしてもそこが目立ってしまって逆影響だと思うので、気になる部分に薄くコンシーラーでベールをかけてあげるスタンスだ。増量もいいですし、使い印象は悪くありません。通販で人気のロコシャインを購入しました。